マスカラによるパンダ目を防ぐ方法

マスカラがにじんでパンダ目になってしまうことがありませんか。では、どうすればパンダ目を防ぐことができるのでしょうか。 パンダ目になってしまうのは、汗、皮脂、涙などでマスカラがにじんでしまうからです。ウォータープルーフ処方のマスカラなら、汗や涙に強いのでにじみにくいです。 余分な油がまつげについているとにじみやすくなるので、マスカラをつける前にはまつげをきれいな状態にしておきます。スキンケア化粧品の油分がまつげについているとにじみの原因となることがあるので、スキンケア化粧品がつかないように気をつけてケアをしたり、まつげを清潔な状態に保ってください。目の下にフェイスパウダーをはたいてサラサラな状態にしておいても、マスカラがにじみにくくなります。 また、マスカラ専用のトップコートを使うことでもにじみ防止になります。マスカラを塗った後にトップコートを使ってみましょう。 こういったことを意識しておくと、パンダ目になりにくくなります。